言うと伝えるの違いを徹底解説!コミュ力をあげて人生を振り回す方法

ブログ

今回この記事では、言うと伝えるの違いを徹底的に解説していきます。

 

 

言っても伝わらない!言っても分かってくれない!なんども言っているのに喧嘩になる!こんな事を体験した方は特に必見です。

 

この記事をみる事で

 

  • 言うと伝えるの違い
  • 相手に伝わりやすい5つのメソッド
  • 共感を作り出す方法

 

この3つが分かるようになっています。

 

 

私自身のサービス業の経験を元に、言った側・言われた側の双方の角度を徹底解剖し、なぜ伝わらないのか?どうしたら伝わる様になるのかを解説しました。

 

 

では早速、言うと伝えるの違いをお話しします。

 

言うと伝えるの違いとは

 

そもそも論なのですが、一生懸命言っても伝わらないのは、あなたのせいではありません。

そして、相手の能力でもありません。

まず言うと伝えるの違いについて、理解する必要があります。

 

言う事に事に関する3つの視点

 

まず先に会話の中で『言う』についてお伝えします。

 

どこの調子が悪いですか?

佐藤
佐藤

宿題したの?

時間ありますか?

 

 

『言う』とはこんな風な、話し方になります。

要約すると

 

<言う時の3つのタイプ>

・〜してほしい(お願いタイプ)
・〜しないの?(命令・尋問タイプ)
・どうですか?(フラットタイプ)

 

この3つになります。

 

花澤
花澤

えっこんな事意識した事がないよ!

花澤
花澤

それが普通です

基本的に『言う』と言う場合この3つのどれになっているかを、自覚する必要があります。

 

 

お願いタイプ

 

このお願いタイプとはこんな状態です。

 

・ちょっと聞いてるの?
・もうちょっと早く食べて
・明日は何時に起きるの?
花澤
花澤

えっこれってお願いなのですか?

花澤
花澤

分かりやすくさせる為の例えです

『ちょっと聞いてるの?』とは、聞いてほしいと言うこちら側のお願いですし、『もうちょっと早く食べて』なら早く食べてもらう事で、こちら側にメリットがあるのです。

命令・尋問タイプ

 

 

この命令・尋問タイプとはこんな状態です。

 

・何故できないの?
・〜したらダメ!
・〇〇しなさい
花澤
花澤

言われても答えたくないっす

花澤
花澤

言うと伝えるの違いですね

 

この場合を例にすると、『なぜ英語ができないの?』よりは『英単語を毎日10個覚えてね』と言う方が相手が聞いてくれやすくなります。

『廊下は走ったらダメ』よりは『廊下は歩きましょう』と言った方が相手は受け入れやすくなります。
この命令・尋問タイプの場合、相手を萎縮させてしまい、あなたを敵視するキッカケになるので十分注意して使ってください。

フラットタイプ

 

このフラットタイプはこんな状態です。

 

・どんなフルーツが好きですか?
・その理由を教えてくれませんか?
・週末の予定って何かありますか?
花澤
花澤

なんだか答えやすいぞ!

花澤
花澤

いい所に目をつけましたね

このフラットタイプの特徴ですが、フルーツであればその人が好きに答えていい権利を持っています。

更に理由を聞く例はこんな感じです。

パソコンMACにしたんですね?
その理由はどうしてですか?

動画を作ったりしたいからです

こんな風に、自由に答える権利を相手に持ってもらう事がフラットタイプの特徴です。
まず1つ言うと伝えるの違いとは、『自分の都合なのか』『相手が自由に答える権利を持つ事』の違いになってきます。
ここであなた自身の言葉の使い方をチェックしてみてください。

伝わる話し方

では今度は『伝わる』について見ていきましょう。
次の図をみて、あなたが思ったことをこの写真の女の子に言ってください。

私自身この写真の女の子に言うのであれば、『楽しそうだね』とか『手作りのブランコ素敵だね』と声をかけます。

答えはコレ!と言うのはありませんが、ほとんどの方が、相手に対しての鏡役になってくれた言葉を投げかけたことでしょう。

例えば『笑顔が可愛いね』であれば、見えたことを伝えたのです。

この見えたことを伝えるのが、言うと伝えるの大きな違いです。

例えばこんな時、あなたはどんな言葉を発しますか?

先ほどもお伝えしましたが、『廊下は走るな!』だと、命令・尋問タイプになってしまいます。
もしあなたがこの廊下を走っている生徒で、友達が倒れ、先生を呼びに行く所だったとしたら、どうでしょうか?
『廊下は走るな』と呼び止められたら、その相手のことを信頼できるでしょうか・・・
信頼は生まれないと思います。
ただし、普段の会話ではこの様な事が普通に起こっています。
信頼のズレってのが起きています。

そして合わせ技になりますが、フラットタイプや先ほど伝えた『鏡役になる』事を意識すると、こんな話し方になります。

『急いでいる様だけど、どうしたの?』
急いでいる様=見たままの状態
この言葉をかけてあげると、相手に伝わりやすく、会話が自然とできる様になります。
そして自然と共感を作る事ができます。
更に!
お願いタイプであれば、〜してほしいお願いしますと言った方が相手には伝わります。
命令・尋問タイプであれば、肯定文にして相手に言うことで、伝わる様になります。
では美容室を例にして、言うと伝えるの違いを解説していきます。

言うと伝えるの違いをリアルに体感しよう

 

女性であれば美容室で思ったより短くされた経験が1度はあると思います。

 

ここにも、言うと伝えるの違いがあります。

 

例えば3CM切ってください!とお願いしても下の図の様になってしまうのです。

 

 

 

 

技術がうまい・下手じゃないんです。

 

 

お客様の気持ちや認識を汲み取る事ができないだけなのです。

 

なので情報の共通を行う事が必要です。

 

3CMと言っても認識が違うので、実際に共有する為に視覚化させます。

 

 

視覚的に共有をすることで、伝わる様になります。

 

 

更に、佐藤さんみたいな美容師さんに、出会った方もいると思います。

 

佐藤
佐藤

こんな感じでふわっとして〜

佐藤
佐藤

ちょっと色を入れると素敵になります

 

 

この様な言い方だと、前髪がふわっとするのか、全体がふわっとするのかがわかりませんし、色を入れると言っても、アッシュなのか・オレンジなのかがわかりません。

 

 

ふわっとする場所や、色を指定するなど固有名詞を使うことで、言ったけど伝わらない事を防ぐ事ができます。

 

 

病院の先生なら、こんな風に言っていますよね

 

夕食後30以内にこの赤いカプセルを1つ服用してください

これを聞いて、朝に服用する方はいないでしょう。

 

この医師の様に数値化することで相手に伝わりやすくなります。

 

まとめると、この5つになります。

 

・情報の共有
・視覚化
・名詞(何を)
・場所(どこ)
・数値化

 

この5つを会話の中に入れることで、伝わりやすくなります。

 

先ほどの美容師、佐藤さんの場合は言っているだけであって伝わっていません。

 

言っているのに、伝わらない場合はこの5つが明確になっていないからです。

 

更に言いたい事をなかなか言えな人の為に、誰でも簡単に言いたい事を言える方法の記事があります。

 

言いたいことを言う簡単&最速な方法!人生が豊かになるマインドセット
この記事では、言いたい事を言う方法とその仕組みについて詳しく3つの方法でお伝えさせて頂きました。言いたい事を言う為に、なぜ言いたいことが言えないのか?どうしたら自然に言える様になるのかを具体的にレクチャーしています。言いたい事を言う為の動画も一緒に見ていただく事で、更に理解が深まって行きます!

 

 

今回この記事を見る事で

 

・言いたいことが言えない原因
・言いたい事を言う為の方法
・相手に伝わりやすい言い方

 

この3つが分かるようになっています。

文字で補えない部分を動画で伝えています。

言うと伝えるの違いを、この記事とセットで見て頂くことで、更に理解が深まりますので是非ご覧ください。

 

 

では、この言うと伝えるの違いのまとめにはいります。

 

言うと伝えるの違いのまとめ

 

言うと伝えるの違いそれは、共感です。

 

冒頭で伝えた様に『言う』はこちら側の都合になってしまいます。

 

相手に自由に答える権利を作らせる為に、鏡役になるのです

 

あなたが鏡役になる事で、共感を作る事ができます。

 

伝える時に必要なのが『共感』なのです。

 

 

この3つのステップを意識していく事で、自然と伝わる様になります。

 

言っても伝わらないのは、共感をもなく、この図の三番をいきなりやってしまっているからです。

 

更に情報を共有していない状態で、会話をしていると、相手の頭の中はこん状態なのです。

 

 

この図では、情報の共有ができていない事と、命令・尋問タイプになっているので、相手まであなたの意図が届いていないません。

 

結果的に相手には受け入れてもらえないのです。

 

受け入れられる状態を作る為に鏡役となり、共感を作る事が大切です。

 

ぜひこの伝わる様に話す事を意識して、自分の人生を豊かにしてください。

 

コメント