こんにちは
花澤です。

 

昨日のメルマガのシェアで
私の母親についての質問が
幾つかあったので・・・

 

今日それをお話しさせて頂きます。

 

私の母親・・・
もう亡くなっていて いません。
54歳でなくなりました。
(すみません 鬱で自殺しました)

 

ただ私に現金で1500万円残しました。
(内訳は控えます)

 

本当に
女強し
母強しですね!

 

反対に父親は、
志村けんが演じる
酔っ払いあのまんまです。

 

私も男だから分かるんですが
男って弱いです(汗)

 

昨日も言いましたが
母自身45歳以降
洋服を買った記憶がないんですよ。

 

しかも男の気配はありませんでした。

 

当時6歳にして
察する世界選手権トップクラスの私の
レーダーに反応しなかったから
間違いはありません。

 

でね・・・
今でも実家には
母親の給料明細が15年分
タンス3段とぎっしりと
置いてあるのですが

 

給料明細に書かれている金額は
毎月
15万8千円です。

 

母親のお姉さんは
都庁で働いていた方なので
(税金・保険とか超〜詳しいです)

 

このタンスの中にある
給料明細を見た時に

 

『あなた達何を食べていたの』と

 

言われるくらい
倹約していたと言われました。

 

私自信
中学になるまで
フライドポテトは
お祭りでしか食べられないと
思っていた人間です(笑)

 

マクドナルドで
ポテトが買えた時は
感動しました。

 

おばさんに
そ〜言われるのも
納得ができます(笑)

 

 

ここで話を戻しますが・・・
あなたの性格って

 

いい意味でも
悪い意味でも
子供は親の性格の一部をコピーします。

 

私の場合
辛くても・悲しくても
自分の思いはクチにしないと言う
個性があったのですが・・・

 

これは明らかに母親のコピーです。

 

=============
電子書籍の一部 抜粋です
=============

家に帰ると母親が
夕飯の準備をしていることが
多かったのですが、

 

時折、
母親が泣いていることがありました。

 

6歳脳としては、
夕飯の匂いから
「今日はカレーかな?」なんて
最初は単純に思っていましたが、

 

今思えば、母親は多い時で
1週間に3回ほど
泣いていたこともありました。

 

次第に、
これは何か大変なことが起きたんだ!
お母さんをどうにか助けてあげなきゃ!と
思ったものの・・・

 

当時僕がやった
最強、最大限の行動は
「お母さんどうしたの?
何で泣いてるの?」と
言葉をかけることだけでした。

 

その時の母親は何も言わずに、
夕飯の支度をしながら
ただずっと泣いているのでした。

 

台所ではトントントントン、と
包丁とまな板がぶつかる音だけが
響いていました。

 

==================

 

私なんか20歳の時
自分の思っていること
言おうと思うだけで

 

口がアワアワしていました。
言っちゃダメ
言ってもダメと思っていたのです。

 

似たように
当時の母も6歳の私に対し
言っても無理
言っても無駄なんて
思っていたのだと思います。

 

当時6歳の私にはわからなかったのですが
大人になったから
分かったこともあります。

 

憶測ですが

 

母親って
きっと男社会の中で仕事をしていくことが
とっても大変だったんだと思います。

 

それをクチにできなかった・・・

 

気がつけば
大人になった私は
母親の性格をコピーしていました。

 

なので
あなたにもし お子さんが
いらっしゃるのであれば

 

いい意味でも・悪い意味でも
あなたの一部分をコピーをします。

 

逆も然りで
あなた自身も親のコピーを
している部分があるのです。

 

もうちょっと言うと
夫婦関係が上手く行かない理由は
これが原因です。

 

旦那さんもしくは奥さんは
その親のコピーをしているので
あなたと合わない部分があって
当たり前なんです。
(詳しいことは省きます)

 

つまり相手の親のコピーが出てきた時
関係が悪くなるんです。

 

まずあなたの意識が変われば

 

あなた自身が変わり
お子さんやパートナーが
変わると言う事なんです。

 

私はそれを体を通して
行ってきました。

 

 

そういう意味で
まず

自分を許し
自分を大切にし
自分を知って欲しいのです。

 

私がどうやって心を開き
今の様になったのかは
書籍の中に一語一句書いてあります。

 

期間限定で99円です。

100円ショップで買い物するくらい
驚きあり 発見ありの
楽しい内容になっています!(笑)

 

アマゾンへはこちら

 

 

そしてシェアを
お願い致します!!!
m(_ _)m