LINEで無料相談ができます(5つの特典をプレゼント)

心が折れる時に知っておきたい誰でもできる3つの解決方法!

コミュニケーション

心が折れそうになった時、あなたはどう対処していますか?

 

上手くいかず、自暴自棄になったり・自信を失ってしまったりしていたら、やり方や方法を知らないだけで損をしています。

 

ぜひここで心が折れる事について、しっかり理解をしてください。
今回はこの記事を読む事で

 

  1. 心が折れる事の全体図
  2. 心が折れる時の対処法
  3. 心がおれた後の対処法

 

この3つをお伝えさせて頂きます。

では早速心が折れる事の意味を把握して頂きたいので、説明を始めます。

心が折れる全体図を認識しましょう

まず強風に吹かれて、木が折れる事をイメージしてください。

木とはどんな風に折れていきますか?

 

この折れ方と言うのがすごく重要なのです。

木の性質をみてください。

 

性質と言うのは硬いか・和やらかいかと言う事です。

こんな風に捉えていくと木とは硬い性質と言えます。

 

実は、硬い木が折れる事と、心が折れとは同じような状態なのです。

 

では今度は木とは性質が違う柔らかい、竹を思い出してください。

木と同じく強風に吹かれている竹を想像してください。

 

柔らかい竹なら風に吹かれたらどんな風になるか、なんとなく想像できますよね。

簡単に言うとしなるとか曲がると言う状態です。

 

心が折れる話なのに、なんの話しをしているのか分からない方も、いらっしゃると思いますので、話を戻します。

 

ここまで説明した中で、心が折れる事について必要な3つの要素をお伝えします。

  • 1:強い風
  • 2:性質(木・竹)
  • 3:結果(折れる・曲がる)

 

ではこれからこの要素が、どの様な因果関係があるのかを、お伝えいたします。

 

心が折れる本当の原因とは?

 

心が折れてしまうと言うのは結果です。
結果にはそれにふさわしい、原因があります。

 

心が折れる場合には下の図の様な仕組みがあると思ってください。

 

心が折れる状態で、なかなかいい改善策が見つからない時は上の図の様になっています。

 

ここでこんな風に考えてください。
先ほどの例で言うと出来事とは、強い風が吹くと言う事です。

 

そして結果と言うのは木であれば折れてしまい、竹であれば曲がると言う事です。

つまり、こちらの図の方が今回のお話に相応しくなります。

 

出来事に対して直接、結果に繋がるのではなく、実は間に捉え方の空間があります。

先ほどの例えで言えば、木や竹と言った部分に当たります。

 

先ほどの例えとこの図でわかる様に、Bの部分が変わると結果が変わることがわかります。

 

心が折れる時には、捉え方を変えることが必要です。

 

逆に言うと、捉え方次第で結果が変わるということです。

 

ここで心が折れやすい方の場合間違って欲しくないことがあります。

それは捉え方=自分自身の性格と言う認識になっている場合があります。

 

 

花澤さん捉え方を変えましょう

花澤
花澤

えっ?私が悪いって事?

いえいえ!そんな事ではありません

花澤
花澤

えっ?私が弱いって事?

そうじゃないんです

花澤
花澤

私の性格が悪いって事ですか?

花澤
花澤

昔の私はこんな感じでしたが
これ、全部間違いです!
早速ふさわしいやり方をお伝えします

 

また以前の私の様に自分が弱いからだ!と思っている場合がありますが、次からお話しする事をみていただければ、その不安がなくなり安心することができます。

 

 

では次に、どの様に捉え方を変えて行けばいいのかをお話しさせて頂きます。

 

心が折れるのは受け取り方次第

先ほどまでお伝えした事は、原因(風)が同じでも、性質(受け取り方・捉え方)によって結果が違う事をお伝えいたしました。

 

 

ではここからどの様に受け取り方を変えていくかをお話しさせて頂きます。
こちらの図をご覧ください。

 

心が折れる場合ってB→Cと言う道を通っていきます。

この場合、木の性質になりやすくなります。

 

竹の場合はB→D→Eと言う道を通っていきます。

ちなみにEと言う効果は別の結果の事です。

 

つまり、捉え方を変えると言うのは、この図で言う通り道を変える事なのです。

通り方なのです。

 

赤い四角の中にある反論(対話)を捉え方にアプローチする事を覚えてください。

 

では次にどの様に反論(対話)をするかをお伝えいたします。

心が折れる時に必要な対話

前回までに捉え方を変えるには対話が必要なことが理解できたと思います。

 

本来Dとは反論と言う意味ですが、反論という言葉のイメージがあまり好きではないので、ここでは対話と言う単語に置き換えます。

 

 

では対話を行う時に必要な2ステップをお伝えいたします。

 

1ステップ Bの捉え方の部分に対し
 ▼
それって本当?   

何故そう思うのか?

 

 

これを2、3回繰り返して対話してください。
その工程が終わったら次はこんな感じで行なってください。

 

2ステップ目では、こんな風に問いかけてください。

 

2ステップ

そう思っている人でもうまく行っている人はいますか?

その答えも事実です。
つまり一番初めに思った答えが全てではありません。

 

実際に例を出してみます。

 

1ステップの目対話

花澤
花澤

俺、またやっちゃったよ
人に迷惑かけちゃちゃダメじゃないか!

花澤
花澤

迷惑かけちゃ行けないって

それって本当?

花澤
花澤

当たり前じゃないか!

花澤
花澤

なぜそう思うの?

花澤
花澤

みんなそうじゃないか!

花澤
花澤

それって本当?

花澤
花澤

みんなじゃないかも

花澤
花澤

何故そう思うの

花澤
花澤

国が違えば迷惑じゃないかもしれないから

 

2ステップ目の対話

花澤
花澤

迷惑をかけても
うまく行っている人はいますか?

花澤
花澤

少ないと思いますが
います。

花澤
花澤

そうですよね。それも事実ですよね
なので最初に思っていた、迷惑をかけちゃダメと言うのは
全てではありません

 

 

 

 

 

 

 

こんな風に対話していきます。

 

 

心を柔軟にするとか、自分を客観視すると言うのはこのBに対してDを行っていていく事です。

 

 

更に3つの方法で自分を愛する・大切にする方法の記事があります。

自分を愛する・自分を大切にする!3つのポイントで解説&解決
自分を愛する・大切に意味と解決方法を3つのステップで具体的にお伝えしました。自分自身を愛するとか大切にするって以外に難しいと感じますが、理論さえ知ってしまえば、誰でも簡単にぞぬんを大切にする・自分を愛する事ができるようになります。3つの視点を持つ事で解決する視点を持つ事ができます。

 

この記事をみていただく事で

 

  • 自分を好きになる全体図(意味)
  • 自分を大切にする・愛する方法
  • 自分を大切にする・愛するメリット

 

この3つが分かるようになっています。

 

 

ぜひこの機会に自分を愛する。自分を大切にする記事をご覧になってください。

 

更に自分を強くしなやかにする事ができます!

 

 

では心が折れる状態から、心を竹の様に柔軟にできる方法が分かったところで、まとめに入るます。

 

 

心が折れる事についてのまとめ

 

心が折れる=硬いから折れるのですが、今回は心が折れない様に柔軟になる方法を、お伝えさせて頂きました。

 

そのためには、対話をすることが重要です。
心のストレッチができれば心が折れなくなります。

 

対話をしっかり行うことで、問題が起きても折れることなく柔軟に、対応できる様になります。

 

対話にはちょっとしたコツが必要なのですが、145個のテンプレートにまとめました。

 

もしこのテンプレートが欲しい場合はLINEにてお友達になって頂くと無料でもらえます。
30分の動画にて具体的に解説しました。

友だち追加

 

コメント