LINEで無料相談ができます(5つの特典をプレゼント)

人間力を養うだけで家庭も仕事も上手く回り始める!セルフリーダーシップ術

人間関係

今回この記事では、仕事や家庭で即使える、人間力の養い方をお伝えさせて頂きます。

 

人間力と言う言葉を聞いた事があるかもしれませんが、実際どんな事が人間力なのかを具体的に知っている方は少ないです。

 

この記事を見る事で

・人間力の意味
・人間力の作り方や養い方
・仕事で使う人間力
・家庭で使う人間力
こんな事が具体的に、分かるようになっています。
ぜひ人間力を養って、仕事や家庭を豊かにできるようになってください。

人間力とは?

そもそも人間力とは、どんな意味なのかを説明いたします。

元々は2003年に内閣府に置かれた人間力戦略研究会が、下記のように定義したのが始まりです。

 

「人間力に関する確立された定義は必ずしもないが、本報告では、社会を構成し運営するとともに、自立した一人の人間として力強く生きていくための総合的な力と定義したい。」とされている。

 

この政府が言っている、総合的な力と言う概念を、もう少し分かりやすく言うとこの3つになります。

 

・社会を動かすリーダーシップ力
・コミュニケーション能力
・利他の精神

 

この3つを持つ事で、人間力が養う事ができると言っています。

ではこの3つの人間力について、詳しく解説させて頂きます。

 

花澤
花澤

なんだか難しいそうだぁ!

そう構えないでくださいね。

人間力を養い、リーダーシップを発揮できる様になるには、やり方さえ知ってしまえば簡単ですから。

 

つまり、今は人間力を養う方法を知らないだけなのです。

では早速、人間力を作る為に、リーダーシップを作る方法についてお話しさせて頂きます!

リーダーシップ力

 

まずこのリーダーシップ力ですが、実はとてもシンプルです。

ヒト・環境・その場の状態に対して『適材適所』と言う事を行なう事ができるかどうかが、重要になって行きます。

場を見極めるバランスが非常に大事になってきます。

 

今回はこの適材適所と言うバランスを、『教える』と『考えて行動させる』と言う視点でお伝えさせて頂きます。

 

まずは『教える』と『考えて行動させる』この2つのバランスを、どう取って行ったらいいのかをお伝えさせて頂きます。

 

教える

 

人間力を養うために必要な、リーダーシップ力ですが、まず『教える』事についてお話しさせて頂きます。

 

教えると言う時に必要なのが、相手の身になって具体的に教える事です。

 

具体的にとは文章の中に次の5つを入れるようにしてください。

 

・いつ(いつまでに)
・どこで
・何を
・どのように
・誰と
この5つを意識しながら相手に伝えるようにします。
例えば、「あの資料できた?」と聞くよりは、「月曜にお願いした、新規案件のPDF資料はできましたか?」と言った具合です。
『あれ・これ・それ』と言う言葉はできる限り使わないようにしましょう。

そして数値化して相手に伝える事が重要です。

例えば、「コップに水を入れてください」と言うよりは、「コップの半分の所まで水を入れてください」と言った具合です。
こんな風に相手に分かりやすく伝える事が、リーダーシップの中の教えると言うテクニックです。

では次に、人間力を養う事に必要な、『考えて行動させる』事についてお伝えさせて頂きます。

 

考えて行動させる

 

先ほどの、教える事をティーチングと言うのであれば、この考えさせて行動させると言うのは、コーチングになりす。

 

つまりリーダーシップを発揮する為に、質問をして行く事になります。

 

 

相手の人間力を養う為にも、質問するテクニックをバランスを見て使って行く必要があります。

基本的には下記の5つの質問を使う事になります。

 

・(問題に対して)何が原因だと思うのか?

・どうしたら解決の糸口が見つかるのか?

・誰かに頼めないか?

・他に原因があるとしたらどんななのか?

・今一歩解決の為に必要な行動とは何か?

 

人間力を養う為に、相手に対しこんな質問を行なっていきます。

 

こちらからは答えを与えずに、自分の内側にある答えを引き出すようにしていきます。

ちなみにこんな風にバランスをとるといいでしょう。

 

 

時と場合によっては、ティーチングとコーチングを合わせて行くのも効果的になります。

 

 

こんな風にして、あなたと相手の人間力を養う様にスキルを使ってください。

 

では次に人間力を養う為に、コミュニケーション能力についてお伝えさせて頂きます。

コミュニケーションの方法

 

人間力を養う事=リーダーシップに必要な視点が、このコミュニケーションになります。

なぜなら、コミュニケーションによって、リーダーシップを大きくも・小さくもできるからです。

 

 

このリーダーシップに重要なコミュニケーションとは、1つしかありません。

 

人間力に欠かせないスキルです。

それは『傾聴』と呼ばれるスキルです。

この傾聴には3つのステップがあります。

 

・ジェスチャー
・伝え返す
・話しやすくさせる(信頼関係)
人間力を作る上で欠かせない3つの視点になります。
会社でも家庭でもあなたを軸(リーダー)となって信頼関係の場を作る為に、とても重要な意味を持ちますので、1つ1つを説明させて頂きます。

ジェスチャー

 

このジェスチャーと言うのは3つあります。

 

・頷く
・目線や表情
・間や声のトーン
リーダーシップを発揮するのは、『何か意見を言ったり』相手に対して『発破をかける』事だけであありません。
相手の話に対してうなずいたり、相手の顔をしっかり見て話を聞いたり、「おぉ〜」と反応するだけでもリーダーシップを発揮する事ができます。
人間力を養う為には、バランスが大事です!
アドバイスするときにはするし、聞き役に徹する時は徹する事が大事です。

1つ目のティーチングやコーチングがアドバイスだとしたら、この『傾聴』は聞く部分になります。

 

 

見えないコミュニケーションとも言われているので非常に大事です。

相手の話に対してしっかりうなづくジェスチャーを示してください。

 

伝え返す

 

このテクニックは、2つの方法があります。

 

1つは相手が言った言葉をそのまま繰り返します。

 

例えば相手が「昨日スーパーにいきました」と言ったのであれば、そのまま「スーパーに言ったのですね〜」と相手が言ったまま、繰り返すだけです。

 

ただ繰り返しただけなのですが、相手からしたら『話を聞いてもらっている』と言う信頼感を得られる様になるからです。

 

特にこちらからは、アドバイスしなくてもこんな風に接する事で、あなたの人間力が自然と養える様になります。

 

もう一つの方法は意味を要約して聞き返すと言う方法です。

例えば相手がこんな事を言ったとします。

 

 

「最近残業で家族との時間が取れないよ」と言った場合は、「ゆっくり休んで家族との時間を大切にしたいんですね」と意味を要約して伝える事で、あなたに対して信頼感を持ってくれる様になります。

 

 

こんな風に、相手の気持ちや意味を要約する事で、人間力が溢れる魅力な人になる事ができます。

更に見えないコミュニケーションでは間や声のトーンなども大事になります。

間や声のトーン

 

以外かと思われるかもしれませんが、2人の間や、声のトーンなども重要です。

声のトーンと音の抑揚より、ペースと言う意味になります。

 

どう言うことかと言うと、相手の話すスピードに合わせる事が大事です。

 

相手がゆっくりであれば、こちら側もゆっくりに話をし、相手がワクワクして話していたら、こちら側もワクワクしながら、話をしていく事です。

 

『話すスピードを共有する事』たったこれだけですが、こんな事を意識するだけでも相手はあなたに対して、信頼を持ってくれる様になります。

 

この間(ま)に関して言うと、場と言った方がわかりやすいかもしれません。

 

俗に言う、『場を盛り上げる』などと使われる様に、人間関係を作っていく上で欠かせないのが、場の作り方です。

 

一番この場を作ることに必要なのは、相手と自分の気持ちを感情移入しない事が大切です。

 

よくあるパターンは、感情移入してしまったが為に相手に余計なアドバイスをしてしまう場合がります。

 

『相手は相手』『自分は自分』と言う境界線が曖昧だとこんな事をしてしまい、あなたの人間力が養われなくなってしまします。

 

  1. アドバイスする
  2. 説得する
  3. 同情する
  4. 自分が話しすぎる
  5. 否定、批判、反論

 

これは『場』を崩す行為になってしまう為、あなたの人間力を養う事ができません。

 

なぜかと言うと上の5つは、信頼関係を作る事の障害になるからです。

こんな図を意識して頂くと、あなたの人間力が自然と養える様になります。

 

GIVEの精神から人間力は始まっている

 

利他の精神から始まる状態にする事で、自然と信頼関係を生む事ができます。

 

実は今までお伝えした事は方法ややり方の部分でした。

この図の利他の精神(GIVE)になっていないと、人間力を大きくする事ができません。

 

理由はGIVEの反対はTAKEだからです。

TAKEと言う状態は相手から〇〇を奪っていく事だからです。

 

奪うと言う意味はこの5つの事です。

 

  1. 言いたい事を言うチャンス奪う
  2. 認められたい想いを奪う
  3. コントロールされていると感じる
  4. フェアな立場ではないと感じる
  5. ここに居て良いと言う環境を奪う

 

もしあなたがTAKEの場合、相手はこんな風に思ってしまい、あなたの人間力を養うチャンスを作る事ができないからです。

 

花澤
花澤

与え損と思ちゃいます!

 

 

花澤
花澤

そうですよね!

もし、与え損なのではないかと感じる場合は、ここまでやっているのになんで〇〇してくれないの!』と思っているのでTAKEでいる可能性が高いです。

 

こんな場合は次の様、に捉えてみてください。

 

この人に何をしてあげられるかな(GIVE視点)
この人から何をしてもらえるかな(TAKE視点)

 

相手に対して『何をしてもらう』とか『何かをしてほしい』と言う想いからではなく、自分自身に対して、『相手に何をしてあげられるか』と言う視点を持てれば大丈夫です。

では実際にこの視点を仕事と家庭でどの様に使っていくかをお伝えいたします。

仕事で人間力を使い成果を上げて行く場合

 

政府が打ち出している、人間力をもう一度振り返ってみましょう。

「人間力に関する確立された定義は必ずしもないが、本報告では、社会を構成し運営するとともに、自立した一人の人間として力強く生きていくための総合的な力と定義したい。」とされている。

 

この意味を視点にして会社で使う場合は、お互いが依存しない様にする事が大事です。

 

相手にも人間力を養って行ける様に、自立していく事が大事です。

 

1から100までをコントロールせずに、ティーチングとコーチングを織り交ぜながら、場を作っていく事が大切です。

ちなみにコミュケーションが三角形の始まりになります。

 

 

相手が上司でも部下でもこんな風なバランスになります。

仕事上で気をつけないといけない事は、スピードと相手との意思の共有です。

 

その為本当に難しい場合を除き、コミュケーションはシンプルにした方がいいでしょう。

仕事で見失いがちな視点がPDCAとなります。

 

・プラン(Plan)
・行動(Do)
・チェック(Check)
・アクション(Action)
この頭文字をとってPDCAと言います。
基本的にこの順番で仕事を進めて行きますが、このチェックの部分が再度相手とコミュケーションをとる事だと思ってください。
こんな風に三角形を意識する事で、あなたの人間力が簡単に養うことに繋がって行きます。
仕事上で上手くいかない場合は、これらのどこかに必ず原因があるので、原因を把握して解決していきましょう。
では家庭での人間力を養うことについて、お伝えさせて頂きます。

家庭で人間力を養う場合

 

家庭と言っても幅広く、親子・パートナーの事を指します。

今回いくつかの三角形が出てきますが、家庭で人間力を養う場合はこんな三角形になります。

 

家庭の場合で特に重要なのが、コミュケーションと適材適所の回数が重要になります。

 

特に夫婦関係が上手く行っていない場合に、即この三角形を当てはめても上手くいきません。

 

それは、それぞれがTAKE(奪う状態)になっているからです。

その場合はまず、しっかりコミュケーションをとる様になってから、この図を意識していきましょう。

 

親子の場合を例にしましょう。

 

しっかりコミュケーションをして自分が子供の立場であっても、親の立場であっても、ティーチングの要素と、コーチングの要素を使い相手の意図や根本的な視点を手に入れて行く様にしましょう。

 

根本的な部分(表面上だけ)まで達していないと、あなた自身がTAKEのポジションになりやすいからです。

 

感情移入をせず、根本的な部分で話し合をしたら、あとは相手を信じて見守るだけです。

 

もし相手が上手くいかなくても、それは相手の成長するチャンスです。

 

もしあなたが承認するところで、TAKEのポジションをとってしまい、あなたの思いによってコントロールした場合、相手は成長をしなくなってしまうでしょう。

 

そうならない為にも、コミュケーションやコーチングなどの段階で、原因に対してコミュケーションをとって行く事が大切です。

 

人間力を養う為のまとめ

人間力を養うと言う事は、お互いに自立できる様にする事が大事です。

そこであなたが先にリーダーシップを作り、人や社会に積極的に関わって行く事が必要です。

 

実は人間力を養う為に失敗はありません!

 

エジソンの言葉にもありますが、1万回電球がつかなかった事に対して、『私は1万回電球がつかなかった方法を見つけただけだ』こんな風にトライ&エラーを繰り返し精度を上げて、電球を発明したのです。

 

あなたも人間力を接したら接しただけ必ず人間力がついています。

 

私自身も実体験で、トライ&エラーをくり返したおかげで、会社2社を経営できる様になりましたから、あなたもここで得た情報をもとに行なって行く事で、必ず人間力が養う事ができます。

 

更に、人間関係が最短・最速でよくなる方法を知りたい方は、ぜひ下の記事をクリックしてください。

 

人間関係が上手い人になれる!最短・最速で人間関係の天才になる方法
人間関係が上手い人には大きく3つの特徴があります。人間関係で悩みを抱えている人は実はその3つのことができていません。あなたが今職場や家庭の中での人間関係で悩みを抱えているなら上手い人に共通する3つの特徴を手に入れてください。

 

この記事では

・話してもストレスゼロ
・信頼されて笑顔が絶えない
・もっと話を聞きたくなる
・話を聞いていて落ち着く事ができる

 

こんな状態になれる具体的な内容となっています。

 

そしてこの記事の内容の学びを経験に変える為にセルフチェックシートをプレゼントいたします。

メールアドレスを記入するだけでもらえます!

 

 

このチェックシートをやる事で

 

・自分の個性客観的にがわかる
・自分の強みが分かり努力の無駄をなくす事ができる
・自分の弱みが分かり、何をどう改善すればいいのかがわかる
・他人との人間関係がスムーズになる

 

こんな事がわかる様になっています。

 

セルフ診断チェックシートをもらう

 

あなたの幸せな未来を応援させてくださいね!

 

 

コメント