LINEで無料相談ができます(5つの特典をプレゼント)

親子の会話の質が子供の未来や心を作る!自立した子供になる方法公開

人間関係

この記事では親子の会話について、お伝えさせて頂きます。

 

親子の接し方によって子供の将来や、精神状態が変わると言っても過言ではありません。

 

15歳までの子供と親子の会話によって、将来を豊かにする方法を解説いたします。

 

この記事を見る事で

 

・親子の会話で子供の自己肯定感をあげる方法
・自然と信頼が生まれるテクニック
・親子の会話の質をあげる方法

 

この3つがわかる様になっています。

ぜひこの親子の会話をマスターして、お子さんやあなたの未来を豊かにする事ができます。

 

子供の自己肯定感が上がる事で、社会に出た時も協調性を持ちつつ自分の意思ややりたいことを、堂々とできる子供になる事ができます。

 

 

親子会話の基礎

 

まずここでは、親子の会話の基礎である

・親子の会話の意味(意義)
・時間
・ボディーランゲージ
この3つを解説していきます。

親子会話の意味(意義)

 

親子の会話の意味・意義とは、『信頼関係』を作ることです。

『子どもの自己肯定感を育てること』これ以外にはりません。

 

ちなみに、自己肯定感とはこんな意味になります。

 

(じここうていかん)とは、自らの在り方を積極的に評価できる感情、自らの価値や存在意義を肯定できる感情などを意味する言葉である。

 

自信がないとか、周りを気にしてしまうとか、そう言った状態は自己肯定感が、低いと言えます。

 

 

親の問いかけが、子供に対し次に3つのパターンで接していると、こどもの自己肯定感は下がってしまうと、言われています。

 

 

佐藤
佐藤さん

1『〜しなさい!』

清水さん♡女性30代
清水さん

2『何故〇〇しないの?』

花澤
大井さん

3『どうでもいいじゃん!』

この様な問いかけになっていたら、自己肯定感を作ることはできません。

 

 

なんども言いますが、親子の会話の絶対的定義は『自己肯定感』を作ることです。

 

自己肯定感の作り方は後ほど解説しますので、まず先に親子の会話の時間について見ていきましょう。

 

親子の会話時間

 

平成16年にまとめた厚生労働省のデータを元にします。

 

1日あたりで、母親が約3.5時間。

父親は1日あたり約30分になっています。

 

この親子に会話に費やす時間をみてどう感じましたか?

 

花澤
花澤

もっと時間かけなきゃ!

そう思った方もいらっしゃるかもしれませんが、時間を沢山かければ良いかと言うと、そんな事はありません。

 

何故なら先ほどもお伝えしましたが、自己肯定感を損なう会話の場合、時間を書けたら逆効果だからです。

 

食事の時間でも、同じ事が言えます。

 

この場合も、時間や回数よりもその中でやり取りされる、会話の質が重要になってきます。

 

例えば、旦那さんだけ揃わずに食事をしていた時、母AとBがそれぞれこんな事を言いました。

 

佐藤
母A

どうせ他に女がいるんだよ

神田さん★★女性40代
母B

家族の為に働いてくれているよ

この母A・Bであれば、子供の自己肯定感を作る事を意識していたら、母Bの方が環境的は良いと言えます。

 

親子の会話だけではなく、どんな言葉を発しているか(耳に聞こえているか)が重要なのです。

 

間接的にも影響していきます。

 

何故なら子供はここで、『夫婦ってこんなモノなんだ』とか『男はだらしがない』とか『女性は怖い』と言う認識を無意識に植えつけているからです。

 

 

 

 

これが親子の会話で必要な視点です。

 

親子の会話と言っても、たくさん時間をかける事が今の社会では難しいかもしれません。

 

ただし親子の会話の1つ1つを丁寧に質を意識する事で、子供の自己肯定感が自然と上がる様になるのです。

 

では次に、ボディーランゲージについて、お伝えさせて頂きます。

 

ボディーランゲージ

 

ボディーランゲージの方が言葉よりも重要な事をご存知でしょうか?

 

花澤
花澤

えっ!意外!!!

そう思う方がいらっしゃると思いますが、実は言葉の情報って全体の7%ぐらいしか伝わっていないのです。

 

メラビアンの法則という言葉があります。

その法則とはこの円グラフになります。

 

・視覚情報 55%
・聴覚情報 38%
・言語情報  7%

 

メラビアンの法則によると、相手に伝わっている情報の割合ってこの状態だと言われいます。

 

 

下の図を見てください。

 

言葉の情報は『有難う』と同じだとした時、視覚の情報AとBで、どちらの方が『有難う』と感じる事ができますか?

 

 

ほとんどの方が、<A>だと感じるはずです。

 

 

<B>だと、嫌々ならが有難うと言っている様に感じると思います。

 

 

更にダブルバインドが合わさると、自己肯定感はもとより、親子の信頼関係が作る事ができません。

 

ダブルバインドDouble bind

ある人が、メッセージと言葉の情報とボディーラングウェッジが矛盾するコミュニケーション状況におかれること。

例えばダブルバインドとはこんな事を言います。
言葉の情報は『あなたの為よ』といって安心や安全を与えてくれるモノです。
ですがAの場合ボディーランゲージが安心・安全というより、不安を抱いてしまい、ミスマッチが起きてしまい、Aの状態で接しても子供は不安になってしまうのです。
つまりBの様に言葉の情報とボディーランゲージの印象をイコールで結び付けないと、相手には信頼感を持ってもらえなくなるのです。
極端な例ですが、ハグをしながら『嫌い!』と言われても言葉の情報より、ハグという行動や動作の情報を信じてしまうのです。
それくらい、表情や声のトーンなどの行動や動作が大事なのです。
ではどの様にしたら親子の会話時に、時間より質が保たれ、相応しいボディーランゲージを作る事ができるのかをお伝えします。

親子の会話<言葉編>

 

親子の会話の基礎が分かったところで、会話をどう意識していくのかを解説いたします。
冒頭でもお伝えしましたが、この3つは使わない様に気をつけましょう。
・〜しなさい(命令)
・何故〜しないの?(尋問)
・どうでもいい!(無視・放棄)
子供の自己肯定感をベースにした時、この言葉を使うと命令や尋問になってしまい、親子の会話がふさわしくないのです。
具体的にはこの3つを使いましょう。
・繰り返し伝える
・2ステップクエッション
・サンキューメソッド

繰り返し伝える

 

これはおうむ返しというテクニックです。

 

例えば親子の会話の中で、『宿題やりたくない』と子供が言った場合、親は直ぐに反応せず、『宿題やりたくないのね〜』と子供が言った言葉を繰り返すのです。

 

花澤
花澤

繰り返して何か意味があるの?

 

親がとっさに意見を言うよりも、聞いてもらえたと言う安心感を子供に与える事ができます。

 

 

特にこのとっさに意見を言う場合、否定・命令になりがちなので、おうむ返しをワンクッション入れるだけで、信頼関係が作りやすくなります。

 

その後2ステップクエッションを使うと更に効果的です。

 

2ステップクエッション

 

これは『子供にどちらかを選ばせる様に質問をする』事です。

 

先ほどの『宿題やりたくない』の例であればこんな感じです。

 

佐藤
母C

宿題やりたくないんだね〜(おうむ返し)

佐藤
母D

TV見てからやる?それともお菓子食べてからやる?

母Cはおうむ返しをしているところです。

 

そして母Dの部分で、どちらかを選択させる質問をしています。

 

この2ステップクエッションのメリットは、相手が命令されたと感じにくいのです。

 

『自分の自由で選んだ』と感じてくれるので、親との関係を無理なく自然に深くする事が可能です。

 

 

いきなり2ステップクエッションを、使おうとしても上手くいかないので、よく起きている場面を思い出して、先に2ステップクエッションを準備して置く事が大切です。

 

ぜひ否定や命令を言ってしまう場面を思い出して、2ステップクエッションを作っておきましょう。

 

そして最後にサンキューメソッドを使う事によって、更にスムーズに自己肯定感が作る様になります。

 

 

サンキューメソッド

 

実際に子供が言う事を聞いても、『聞いてくれて有難う』と言います。

 

2ステップクエッションを聞いてくれて、有難うと言う意味です。

 

有難うと言われて腹が立つ人はほとんどいないでしょう。

 

そして、有難うと言われると共感が生まれてきて、親の言う事を聞こうと言う耳を持ってくれる様になります。

 

 

更にこのサンキューメソッドを繰り返し使う事で、子供の自己肯定感をあげる事に役立っているのです。

 

もし行動をしてくれたのであれば、『行動した事を』褒めてください。

 

結果を褒めてはマイナスです。

 

例えば、勉強を一生懸命やったおかげでテストで100点を取る事ができました。

 

ここで結果である『100点すごいね!』と言ってしまうと、次回90点だったとしたら、私は100点取れないからダメと思ってしまうのです。

 

それよりは、『毎日漢字の書き取りを三十回やったから上手くいったんだね』と言う経過を褒める事で、三十回書けばテストでいい結果が出るんだと、思ってくれる様になります。

 

結果より経過を褒める

 

こんな風に意識をしていきましょう。

 

更にここで、人間関係を上手く作れる様になる為に、親子で見て欲しい記事があります。

 

人間はなぜ、関係性を作る時にうまくいかないのか?どうしたら上手くいくのかを、具体的に解説しました。

 

人間関係がうまくいかない人必見!人間関係が円滑になる超シンプルな解決方法
人間関係がうまくいかないのは、能力のせいではありません。あなたと親のとの間で培った、関係や体験を客観的に見る事が必要です。人間関係がうまくいかない方がどの様にしたら、円滑に人間関係を築けていけるのか、その方法と考え方を詳しく解説いたしました。人間関係がうまくいかない人の為にワークも付いているので、ぜひ人言関係向上の為にご覧ください。

 

この記事をみる事で

・人間関係のマップ
・人間関係とは親子関係の縮図
・人間関係を変える視点

これらがわかる様になっています。

 

 

人間関係がうまく行かない状態から、人間関係で悩まな様になれる予防策も記事としてケースバイケースで紹介いたしますので、最後までご覧になってください。

 

親子で使える内容になっていますので、是非ご覧になってください。

 

それでは行動編を解説します。

親子の会話<行動変>

 

先ほどは言葉についての接し方をお伝えしました。

ここではダブルバインドにならないための、行動についてお伝えします。

 

笑顔

 

親子の会話で必要なのが『笑顔』です。

 

なぜなら、笑顔って言わなくても、相手の状態が伝わるからです。

 

いつも笑っているなんて難しいと誰でも感じると思うので、『口角をあげる』これだけを意識してください。
花澤
花澤

ちょっと難しい!他には何かないの?

そういった場合、手の位置を変えていきましょう。

手の位置を変える

 

これは相手に伝える時に、手の位置を注意しなければななりません。

 

笑顔のボディーランゲージも影響しますが、手によるボディーランゲージも効果があります。
一番良くないのは、腕組みをしならがら子供に接する事です。
いっその事、『ハグ』または子供の手をとって会話をする事で、爆発的に愛情や信頼感を作る事ができます。
今回の内容をまとめるとこの様にする事ができます。
このシートと照らし合わせ、何が上手く言っていないかを把握する事で、原因を明確にする事ができます。
是非、自立した子供にする為にも、親子の会話の中でこの記事の内容を使って下さい。
更に今回用いたデータ(PDF)を詳しく見たい方は、下記をクリックしてください。

文科省・厚生省のデータはこちらをクリック

 

 

コメント