LINEで無料相談ができます(5つの特典をプレゼント)

失敗から学ぶ具体的な方法!仕事や人間関係で必ず役立つ成功法則

コミュニケーション

この記事では、失敗から学ぶ具体的な方法!仕事や人間関係で必ず役立つ成功法則を具体的に解説します。

仕事や人間関係で即使える内容となっています。

 

こんな事を思っていませんか?

✅仕事などの人間関係で失敗してしまう(疲労してしまう)
✅失敗をどのように活かしていいのか分からない
✅失敗をするのが怖い

 

この記事をみる事で

失敗を成功の母に変える3つのステップ
失敗で終わってしまう原因と改善する視点
失敗から成功へ!仕事で即使える簡単メソッド
 
この3つが分かる様になっています。
 
では早速失敗になってしまう原因と、改善して行く方法を解説します。
 

失敗から学ぶ!そもそも失敗とは?

 

まずは失敗とは何かを明確にしておく必要があります。

 

佐藤
佐藤

あなたにとって失敗とは?

こんな事が上げられると思います。

・目標通りに進まない事
・うまくできない
・準備ができていない

 

大体がこの様な内容になるのではないでしょうか?

 

そして、今まで経営者などを含め7万人の方とリアルに話してきた中で、『失敗について』の内容をまとめるとこの3つになります。

 

・行動しない事が失敗
・やり方を変えない事が失敗
・一人で抱え込む事が失敗
 
花澤
花澤

意外ダァ!

花澤
花澤

なのでこの認識に変える必要があります

この視点になる事が、失敗を成功に導くために非常に重要なのです。

 
 
 
ではこの基本的な違いが分かった所で、この1つ1つを詳しく見ていきます。
 
 

失敗から学ぶ具体的な方法!3つのコツ

 

先程は、失敗を学びに変えられる人と、失敗で終わってしまう人の3つの違いを説明いたしました。

 

そしてこの3つの違いを解説する前に、知っておかなければならない事があります。

 

それは次の図に書いてある事です。

 

 

失敗を失敗で終わらせてしまう方に、多く見受けられるのが、この受け入れる事ができていないのです。

 

失敗を受け入れるという意味は、自分の感情や方法に対して諦める(明らかにする)事が大事なのです。

 

間違っても、『上手くいかないのは自分が悪いんだ』とか『あいつのせいで!』と言う人格に目を向けない事が大切です。

 

人格に向けた瞬間、失敗から学ぶ事はできません。

 

失敗を失敗にしてしまう原因の、NO1と言っても過言ではありませんが、上手くいかないのは自分のせいと言う『人格』にしている事が良くないのです。

 

この部分を人格ではなく、方法や感情に対して線引きをする事に意識する事が、大事です。

 

 

失敗から学ぶ具体的な方法<1>行動をする事

 

まず基本として、方法や感情に対して諦める事(明らかにする)ができたら、行動をする様にします。

そもそも、これができていないと、行動に移せないからです。

 

『行動を起こさない事が失敗』これが基礎になります。

 

そうすると・・・

 

花澤
花澤

でも何を行動したらいいのか?

花澤
花澤

次のステップは原因を見つける事です

失敗学の著者である畑村さんはこんな風に言っています。

 

いずれの失敗も分析してみると、「未知」「無知」「不注意」「手順の不遵守」「誤判断」「調査・検討の不足」「制約条件の変化」「企画不良」「価値観の不良」「組織運営の不良」の10種に原因を分類することができます。

 

この場合10個だと多いので、3つに分けていきます。

 

 

1:自己コミュニケーション
2:3つ以上の方法
3:相互的エネルギー

 

2と3は後ほど解説いたしますので、1をここで掘り下げていきます。

 

失敗から学ぶ具体的な方法!?自己コミュニケーションの質が大事

 

自己コミュニケーションとは簡単に言うと、日々頭の中で発している言葉だと思ってください。

人間とは基本的に1日のなかで、3万〜5万回ほど頭の中でおしゃべりをしています。

 

 

こんな事を日々考えている訳です。

失敗を気にしてしまう場合、自己コミュニケーションはこの様になっています。

 

逆に失敗を学びに変えている場合は、この様な自己コミュニケーションになっています。

 

 

1日5万回、Aパターンで自己コミュニケーションをしている場合と、Bパターンで自己コミュニケーションをしているか?

 

言わずしても分かるかと思いますが、Bの自己コミュニケーションを行なっている方が失敗を学びに変えられます。

 

行動を起こす前に、この言葉の質が変わる事で、自然に行動が変わるようになります。

 

この自己コミュニケーションの言葉の質を具体的に変えられる方法を『自分の心の産声』と言う名前で、詳しい記事にしました。

 

あなたは自分の心の声や、聞き方をご存知でしょうか?

 

あなたが聞いた事のない、『自分の心の産声』の聞き方ときく事のメリットを具体的にお伝えさせて頂きます。

 

 

 

この記事を見る事で

  • 自分の本来の感情が分かる
  • 自分の使命が分かる
  • 自分が大切な存在だという事が分かる

 

この3つが分かる様になっています。

ぜひ『自分の心の産声を聞く』方法を知って、自分を取り戻してください。

 

では次に方法について、解説します。

 

失敗から学ぶ具体的な方法<2>方法を変える

 

自己コミュニケーションが分かったら、今度は方法にシフトします。

この方法を変える場合は次に質問を自分に問いかけてください。

 

・自分が思っている原因の他に原因があるとしたらどんな事か?
・その原因をクリアにする為に初めの1歩とはどんな事か?
・質を上げる為に何をどう変えたら打開できるだろうか?

 

この3つを自分に質問してください。

この3つを質問すると自然と打開策が見えてきます。

 

失敗を失敗で終わりにしてしまう場合、この質問ができていません。

ほとんどの場合、留まってしまいます。

 

留まる原因は、自己コミュニケーションが変わっていないからです。

 

自己コミュニケーションの質を上げる為に。先ほど紹介した記事をみてください。

 

この質問で答えが出ない場合は次の<3>のステップに進んでください。

 

失敗から学ぶ具体的な方法<3>人に相談する

 

三人寄れば文殊の知恵と言う言葉がある通り、自分の以外の考え方を使い、問題を解決させる方法もあります。

 

失敗を学びに変えられない場合、多くの場合が一人で抱え込んで、自己解決してしまっている場合を多く見かけます。

 

ここで他人に相談する場合に注意するポイントがあります。

 

・ダメ出しをしない人
・その経験をした事がある人
・全然関係ない人で寄り添ってくれる人

 

相談する時によく起こる問題が、身近な人だから安心と思って相談するケースです。

 

この場合関係が近が為に、こんな事を言われる可能性があります。

 

佐藤
佐藤

努力が足りないだけでしょ

鈴木
鈴木

あなたの場合無理じゃない

どうせ上手くいかないよ

 

こんな風に返ってくる場合があるからです。

 

あなたの事を知り過ぎているが故に、『真剣な質問』と言う事が相手には分からず、素っ気ない反応で返される場合があります。

 

逆に、違う業種の人に相談したりする事で、思ってもいない打開策を聞ける場合があります。

 

そして、似た様な事を経験した事のある方に、聞いてみる事も大事です。

ここで聞き方のポイントA/Bがあります。

 

太田
太田

A:〇〇さんならどうしますか?

太田
太田

B:それってどうしてですか?

まず、『私こんな事で悩んでいます』と聞いてしまうと、相手がその事に興味がないと、欲しい答えが返ってこないのでAの様に質問します。

 

Aの場合だと自分事の質問になるので、しっかりとした内容で答えくれる比率が上がります。

 

またAの質問をした時、相手が『なぜそんな質問をするの?』と聞かれたら『自分も悩んでいます』と打ち明ける事で、しっかりと答えをもらえる様になります。

 

答えをもらったら、Bの様に質問をします。

 

Bを質問する理由は、その人が乗り越えてきた原点や起点が分かるからです。

 

この原点や起点が違ったからこそ、今問題になったり失敗を繰り返す原因になっているのです。

 

相手の原点や起点を知る事で、自分の見ていた方向性や価値観の違いやズレに、気づく事ができます。

 

ここで違いやズレが分かったら、軌道修正する様にしたら、失敗は成功の母へと変わっていきます。

 

失敗学の著者である畑村さんもおっしゃっていますが、単に失敗してしまったという結果を責めるだけではなく次の事故防止、新たな進歩への大事な教材と捉え、どう活かしていくかを考える事が大事なのです。

 

どう活かしていくかは、先ほどお伝えした3つのステップを踏まえていく事です。

 

花澤
花澤

後悔から反省にできるかがポイントです

 

失敗から学ぶ具体的な方法(職場や仕事での場合)

 

多数の方が1つのゴールを目指す場合、描くビジョンを一緒にする必要があります。

 

全員が、なぜこのビジョン(目標)を達成するのかを、同じである必要があります。

 

2019年に行われた、ラグビーW杯で日本は初めて、ベスト8になる事ができました。

 

コーチであるエディー・ジョーンズはベスト8を目指すために全てを逆算して練習を行なったと言っています。

 

2012年4月に就任したエディーが真っ先に取り組んだのは、「マインドセット」(凝り固まった考え方)の変革でした。

 

まず、チームが強くなるには、個人が変わらなければならない。

 

「どうやったら改善できるかを毎日考えることが大事」「日本人選手は指導者の言いなりになりすぎる。それは創造性の欠如」と、メディアに語っていました。

 

『W杯ベスト8』をビジョン(目標)に据え、逆算的に着実に日本人の長所を引き出すことだった。

 

花澤
花澤

体の小さい日本人には無理!

花澤
花澤

長所やできる事を伸ばす事が大事!

こんな風に行なっていたそうです。

 

ベスト8実現のため、国内外からスクラム、タックル、フィジカルトレーニング、メンタルの各コーチ、さらには戦術を立てる上で不可欠な基礎データを集める分析担当(スポーツアナリスト)を招請し、トライ&エラーを繰り返し、目標に近づけて行ったのです。

 

仕事でも同じ様に、なぜこの目標に向かっているのかミッションをしっかり持つ事が大切です。

 

ミッションとビジョン

ミッション(Mission)」は、「使命」や「任務」といった意味の英単語です。

 

仕事や、ビジネスにおいては「企業が果たすべき使命」という意味で使われています。

 

企業にとってのミッションは、事業を通し、社会に対しどの様な価値を提供するのかを、示すもだと思ってください。

 

自社が利益を得るためだけに事業を行うのではなく、社会にとっての存在意義を示すのがミッションとなります。

 

たとえばユニクロのミッションはこちらになります。

 

本当に良い服、今までにない新しい価値を持つ服を創造し、世界中のあらゆる人々に、良い服を着る喜び、幸せ、満足を提供します

 

自社が社会に提供できるもの、事業を通して目指しているものを示すのがミッションです。

 

ビジョン(vision)とは、実現を目指す、将来のありたい姿のことです。

 

こんな風にミッションとビジョンを捉えてください。

 

ビジョン(目標)の為にミッションを日々タスクを行なっていきますが、個人ベースにした時に必要な考え方が今まで紹介した、<1><2><3>になるのです。

 

例えになりますが、大人数になっても1つ1つの歯車がしっかり噛み合って回らないと、大きい物も回す事はできないのです。

 

大人数であればあるほど、この<1><2><3>の精度を磨き上げて行く事が要求されるだけなのです。

 

 

失敗から学ぶ具体的な方法のまとめ

 

アインシュタインが残した言葉にこんな文言があります。

 

「過去から学び、今日のために生き、未来に対して希望をもつ。大切なことは、何も疑問を持たない状態に陥らないことである」
 
私が意訳するとこの様になります。
 
 

「過去の失敗から学び、原因を把握し行動を変える事で自分で未来を変えられる。それには変えられるという希望を持ち常に工夫をする様に自分に質問をしていく」

 

 

このマップを見ることで、今何が問題で何を変えて行けば良いのかを、わかりやすく1枚のマップにしました。

スピリチュアルであなたをの取り巻く世界を変えてみよう

 

この記事を見ているあなたは、こんな事で悩んでいませんか?

 

・コミュニケーションに自信がない
・周りを気にしてしまう
・頭で考えてからじゃないと言いたい事が言えない

 

 

このどれかに当てはまったのであれば下で紹介している、スピリチュアルコミュニケーションメソッドを無料でダウンロードしてください

 

無料でこんな未来が手に入ります!

・スピリチュアルエネルギーを手に入れられます
・心と繋がる方法が方法が分かります
・自分を好きになり他人も幸せにさせる方法が分かります

 

メールアドレスを、クリックするだけでもらえますので、ぜひ幸せなエネルギーを手に入れてください。

 

 

 

<安全!便利!使いやすい!>


お子さんでも使える
13セットのスライサー
今だけ¥3800(送料込み)

<お肉の鮮度が2年持持つ!>


繰り返し使えるから経済的な
真空パック機とジッパー
今だけ¥2380(送料込み)

<2メートルの業務サイズ>


ブランケットとしても使える
2枚組セット
今だけ¥3880(送料込み)

 

 

 

<野外でも使える洗濯機>


USB電源だから持ち運びできる
洗濯機▶︎¥3880円(送料込み)

<野菜の皮をすぐに捨てれる>


まとめてすれられる優れもの
▶︎¥1580円(送料込み)

<Iphone専用スタンド>


i watchやi padも置ける優れもの
▶︎¥2890円(送料込み)

 

 

コメント

  1. […] […]