LINEで無料相談ができます(5つの特典をプレゼント)

周りを気にする事をやめる超簡単な3つの方法を具体的に解説!

コミュニケーション

この記事では、周りを気にする事をやめる超簡単な3つの方法を具体的に解説していきます。

私自身は、コンビニの様に24時間周りを、気にするような体質でした。

 

✅周りを気にして言いたい事が言えない
✅周りに合わせてしまう
✅自分の意見がわからなくなっている

 

こんな事を思っているかもしれません。

 

この記事を見る事で

周りを気にしなくなる
言いたい事が言えるようになる
周りを気にする原因や解決策が分かる

 

この3つが分かります。

まず周りを気にする事の、根本的原因と解決策について解説します。

周りを気にする事をやめる方法!実は原因はこれ!

 

そもそも、周りを気にするという事の定義を、しっかりさせておかなければなりません。

周りを気にすると言う定義はこれです。

 

ぞ〜ん
ぞ〜ん

自分が傷つきたくないんだぞ〜

 

 

自分が傷つきたくないから、周りに合わせていた方が安全と言う、見えない自己防衛本能が働いているのです。

 

私自身、仕事などの人間関係では、以前はこんな事を思っていました。

 

ぞ〜ん
ぞ〜ん

周りに気を使っている優しさだぞ〜

 

 

ぞ〜ん
ぞ〜ん

気配りしている証拠だぞ〜

ぞ〜ん
ぞ〜ん

協調しているんだぞ〜

こんな風に言いながら、私の場合恥ずかしながら・・・傷つきたくないだけだったのです。

 

ぞ〜ん
ぞ〜ん

そうかもしれないぞ〜

と言う事で、周りを気にしてしまう根本的な原因というのは、『傷つきたくない』という事なのです。

 

つまり自己防衛本能ですね。

 

そしてもう1つ、原因があります。

 

自分勝手な人や自己主張する人が苦手

 

実はこんな具合に、自分勝手な人や自己主張する人が苦手な場合、心理的に次のように考えます。

 

心のコエ
心のコエ

自分勝手にはなりたくない!

そうすると、”〇〇と思われたなくない”と言う決まりを、自分の中で作ってしまうのです。

 

例えば過去に、自分勝手で周りに迷惑をかけていた人がいた場合、その人を反面教師として、その反対のポジションをとる事で、安心している場合があります。

 

私の場合、潜在意識にこんな決まりを持っていたのです。

 

・わがままと思われるよりは、周りの意見を聞いた方がマシだ!

 

こんな決まりを持っていたので、変わる事ができなかったし、周りの目を気にしている事を選択していたのでした。

 

あなたはも、〇〇と思われたくないと言う決まりを持っている可能性があります。

 

〇〇より周りを気にしていた方が、まだマシだと思い、周りを気にしている事を無意識的に選択しているのです。

 

この2つが原因で、周りを気にしてしまっているのです。

 

では、次にどの様にしたら解決できるかを解説します。

 

周りを気にする事をやめる為の3つの方法

 

では、原因が分かったところで、周りを気にする事をやめる為の3つの方法を解説します。

 

傷つきたくない事を認識する

 

これは、周りを気にしているのではなく、傷つくことが怖いと一旦受け入れる事を意味します。

 

ぞ〜ん
ぞ〜ん

いきなりは難しいぞ〜

確かにそうです。

 

なぜなら、人間には防衛本能があるので、いきなり行動や認識を変えると、ビックリして更に動けなくなってしまうからです。

 

まず、人間の思考や行動を変える為には、この3つのサークルを意識してください。

 

 

<それぞれの意味>

コンフォートゾーン
▶︎今の気持ちの状態

ストレッチゾーン
▶︎ちょっと緊張感がある状態

パニックゾーン
▶︎恐怖感しかない状態

 

 

基本的に人間は、今の状態を心地良いと認識しています。

 

 

心のコエ
心のコエ

えっ?どう言う事?

 

例えば、『周りを気にする』けど、どうにかしたいと思っている場合は、実は、周りを気にする状態を心地よいと感じているのです。

 

心のコエ
心のコエ

えっ?マジで???

マジです!

 

今の状態(周りを気にする)が、安心安全だと思っているので、変わる必要がないと思っているのです。

 

変わる必要がないのに、変わろうととしている状態なのです。

 

もしここで思い切って、自分中心でやりたい事をしようとすると、パニックゾーンになってしまい、恐怖感を更に強めてしまい、コンフォートゾーンにい続けようとします。

 

ここで伝えたいポイントはこれです!

 

ウートラマン
ウートラマン

あなたらしいストレッチゾーンを見つける!

ちょっと緊張した状態の、新しい行動や思考の事を言います。

 

言い方を変えると、これやれば変わるんだけどなぁ〜と思っていて、実際にはやっていない様な事になります。

 

こんな感じが、ストレッチゾーンの定義になります。

 

このストレッチゾーンの意味を理解できたら、まず次で解説する事を行なっていきましょう。

 

嫌われない様にする定義を変える!

 

先ほど、私の潜在意識の例でこんな事をお伝えしました。

 

・わがままと思われるよりは、周りの意見を聞いた方がマシだ!

 

ワガママ<周りを気にすると言う方程式があったのです。

 

ストレッチゾーンの取り組みとして、この方程式を変えていきます。

 

ワガママでも人の意見をしっかり聞ける優しさを持ってもいい!

 

心のコエ
心のコエ

なんだか違和感があるっす

そのはずです。

 

あなたには、何かを得る為には何かを捨てなければならないと言う、方程式があるからです。

 

その方程式が有る限り、変わることができません。

 

こんな風に、方程式を変えていきましょう。

『優しくてワガママになってもいい!』

『気遣いもできるし、言いたい事を言ってもいい』

『周りに優しくすることが、優しさとは限らない』

 

こんな風に言葉を声に出して、認識という方程式を変えていきます。

 

こんな風に認識を変えてから、行動を起こしていきます。

 

オススメ!過去問で練習してみる

 

ここでいきなり行動を起こすと、パニックゾーンになってしまいます。

 

なのでストレッチゾーンを意識するのであれば、過去にあった出来事を思い出し、書き換えを行なっていく練習をしていきましょう。

 

先週あった出来事で、〇〇と言っておけばよかったなぁ〜と思ったことがあったとします。

 

そこでどの様に行動を変えたらうまくいくかを、考えて見ます。

 

更に仕事編・家庭編と分けてチャレンジしてください。

 

この様にすることで、似た様なことが起きたら直ぐ使えますよね。

 

私ごとですが、周りを気にすることと同じで、私は人見知りでした。

 

でもそんな私が、人見知りだった著者が無謀にも海外に行き、超〜内向的な正確にも関わらず、会社を興してしまった経験を元に、別の記事で人見知りの改善方法もお伝えています。

 

人見知りを改善する方法!海外移住が伝える成功事例を大公開!
人見知りを改善する方法!海外移住が伝える人生を転がす方法を公開!この記事では『人見知りは思い込みである』と言う事を起点にして、具体的な3つの解決方法を解説しています。海外では人見知りと言う概念が日本とは違いその違いを知る事で、人見知りを改善し人生を変えられる様になります。

 

✅周りを気にしてしまう
✅人見知りを無くしたい
✅できれば色々と人とコミュニケーションをとりたい

 

こんな事を思っているかもしれません。

 

この記事をみる事で

 

人見知りをなくす方法
人見知りになってしまう原因と解決方法
人生を自分で転がす方法
この3つが分かります。
先に答えをいってしまいますが、人見知りというのは思い込みです。
この記事もみることでどの様に変えていけばいいのかを更に詳しく理解を深めることができます。

 

ぜひこの記事も見て、視点を高く持てる様になってください!

 

周りを気にする事をやる方法のまとめ

 

周りを気にする事をやめる方法のまとめですが、いいきなり行動を変えても上手くできません。

 

それはパニックゾーンになってしまうからです。

 

まず認識を変え、過去問にチャレンジする事でとっさに起きた出来事にも、対応できる様になっています!

 

最後に、あなたの気持ちをブレずに120%伝えられるメソッドを、プレゼントさせていただきます。

 

メールアドレスを記入するだけでもらえます。

 

ブレずに気持ちを伝えるメソッド

 

実は、頑張って伝えても気持ちは伝わりません。

伝わる型を知る事で、相手にあなたの本心がしっかり伝わる様になります。

コメント