問題は鏡で確認する

podcast

本日池田さん企画最後となりました。
愛犬カリーちゃんを毎日散歩するって、大変じゃないですか?との問いに
行き着いた答えは、なんと面倒くささとは自分が作っていた???となりました
さ〜 散歩=問題を作ったのは自分!と流れて行ったのでしょうか?
詳しくは
ここをクリック

コメント

  1. 山田政司 より:

    池田さんとの対談、聞かせて頂きまして有難うございました。
    僕の会社には朝出勤して事務所のドアを開けるやいなや必ずタメ息をついて今日もまた嫌な1日が始まる~って
    顔をする人がいます。
    朝から鬱陶しいのでタメ息なんかついてるとツキが逃げていきますよって冗談ぽく言ったところイイよ俺にはどうせツキなんかないんだからって返されて、しばらく何も言えなかったのですが
    やっぱり朝のタメ息を聞いていると鬱陶しい
    本当にこの人ぶん殴ってやろうかと思う事もあったのですが、そんな気分になっている自分が嫌になって何かイイ方法はないかと考え、その人がドアを開けた瞬間に元気よくお早うございますって挨拶するようになったら
    タメ息をつく頻度が少なくなりました。

    この人はタメ息くらいだからいいのですが
    会社にはガンみたいな人がいてその人がいると
    周りの人間がどんどん悪い方に引っ張られて行く
    みたいな人がいると思うのですが、そういう人には
    どういう対処をなさっているのか聞きたいです。

    • hana8730#12T より:

      山田さん
      ご質問ありがとうございます

      返信遅れまして 失礼いたしました

      ガンみたいな人の対応ですね 笑

      ただ どんな状態のガンなのかだったり
      立場的に同僚?部下?上司が
      この場合分からないので
      多角的な視点で
      大まかにお伝えさせて頂きます

      1基本的に風邪ぐらいなら付き合ってもいいですが
       ガンのレベルになったら極力遠ざけてください 苦笑

      2ここは仕事をするところだからと
       仕事の目標を常に返答するだけにする
       3に当たるパワーゲームに こちらからは
       乗らないようにする場合です
       (喧嘩を売られても買わない コミュニケーションの場合 買わないと=無視になってしまうため
        共通の目的を利用して 相手のツボにこちらからハマらない )

      3ガンさんのパワーゲームを意識してみる
       この意味ですが、
       A相手より上に立っていないと 落ち着かないタイプ
       B常に平等を求めているタイプ
       C自分を低くしているタイプ

      こんな感じで タイプを把握してください
      例えば
      ため息さんであれば、ため息をついてホッとしている訳です
      周りからは、どうせ俺はダメなんだと言うCのタイプです

      Cのタイプの人に
      頑張ろう!と言っても響きません
      低い位置にいることを証明することがパワーになっています
      つまり 生きる目的になってしまっているからです

      山田さんの素晴らしいところは
      このCタイプの方に間髪入れずに挨拶パワー(質の違うパワー)を入れた事です
      接する方法を自分から変えた事が 素晴らしいです

      ガンさんはどんなパワー(エネルギー)を得ているのか
      そこが分かってくれば
      解決する糸口が見つかります

       

  2. マサ より:

    ナイス!