LINEで無料相談ができます(5つの特典をプレゼント)

社員に対しての叱り方のコツ!叱らない叱り方でやる気を出す方法とは

ライフ

令和時代となり働く環境も大きく変化が始まり、社員や部下の接し方も変わってきています。

 

この記事では、社員の叱り方のコツ!叱らない叱り方でやる気をアップさせる方法を具体的に解説していきます。

 

✅パワハラになりそうで叱れない
✅言わなければ、仕事に支障がでる
✅ストレスなく叱りたい

 

こんな事を思っているかもしれません。

 

この記事を見る事で

 

叱らない叱り方がわかる
ストレスなく言いたい事が言える
ダメ出ししても信頼関係が作れる

 

この3つが分かります。

 

叱らない叱り方を覚えて、社員とあなたが幸せになる方法を活用してください。

 

 

社員に対しての叱り方のコツに必要な3つの肯定とは?

 

叱るにあたり、3つの事柄を肯定する必要があります。

 

①認識
②伝え方
③褒め方

 

信頼関係を損なわずに、叱るためにはこの3つに対して、ふさわしいアクションを起こしていく様にします。

 

自分自身の認識を肯定的にする

 

部下や社員を叱ろうとする場合、ほとんどが否定的な認識になってると言えます。

 

・仕事が遅い
・報連相をしない
・仕事に対する意欲がない

 

 

この様に『〇〇できていない』と言う言葉の通り、認識が否定的になってしまっています。

 

否定的な状態でスタートしても、結果はよくなりません。

 

なので、ここで一旦自分の認識を、肯定的にします。

 

先ほどの例であれば、この様になります。

 

仕事が遅い

時間認識が違う

 

赤い文字の様に、自分の中の問題意識を肯定的に変えていきます。

 

自分の問題意識が肯定的になると、次のアクションも肯定的な方法になるで、まず自分が持っている認識を5つほど書き出して、肯定的に変えていきましょう。

 

認識を肯定的に変える事で、問題定義がリセットされます。

 

上の例であれば、時間の認識が違うと言う問題意識に変わった為、自分自身が次に行う行動の質が変わってくるからです

 

否定的に捉えると、相手が全て悪いと言う状態に陥ります。

 

そうならない為にも、まず自分の認識を肯定にしてください。

 

 

 

 

叱らないで伝える

 

これは先ほどの認識と同じ事ですが、伝え方を肯定的に変えていきます。

 

・この資料じゃダメだよ
・何度も同じ所で間違えるな
・もっとうまくできないのか?

 

こんな風に伝えたとしても、人間関係が壊れていくだけです。

 

相手はこの様に捉えるからです。

 

・この資料じゃダメだよ(否定)
・何度も同じ所で間違えるな(命令)
・もっとうまくできないのか?(尋問)

 

こんな風にカッコの様に、相手は捉えてしまうからです。

 

コミュニケーションとはどう言ったかではなく、どう伝わっているかで決まります。

 

相手がどう認識したかによって決まるとも言えます。

 

言った側云々ではなく、相手側に届く様に言葉を発信させて行くようにします。

 

この意味を踏まえて行くと、肯定的に伝えた方が相手には理解しやすいし、届きやすいのです。

 

この図を見ると更に分かりやすいと思います。

 

この場合相手に対して、『廊下は走るな』と言う命令で伝えるより、『廊下は歩いて下さい』と伝えた方がこちら側の意図を聞いて、行動を変えてくれるでしょう。

 

 

先ほどの例を肯定文に変えると、以下のようになります。

 

・この資料じゃダメだよ(否定)

PDFで20枚のカラーで作って!

 

こんな風に肯定的に伝えた方が、相手も何が足りていないのかが明確になり、行動に移しやすいです。
これを例にして、あなたが相手に伝えたいと思う否定的な言葉を5つ書き出して下さい。

 

それから、1つづつを肯定文に変えていきます。

 

肯定文ができてから、その肯定文を相手に伝えるようにすれば、叱らずに相手に自分の意図を伝えることができます。

 

自分も相手もストレスなく意思の疎通ができるようになります。

 

ちょっとここで更に対人関係スキルを上げる為の方法を紹介します!

 

対人関係を良好にする為に気をつける5つの秘訣を1つの記事にしました。

対人関係で気をつける事とは?会社・職場でストレスなしになれる方法を具体的に解説しています。

 

 

✅周りに気を使ってしまう
✅うまくコミュニケーションが取れない
✅仕事や職場で空気が読めない

 

この記事を見る事で

 

仕事や職場での空気が読めるようになる
上手くいかない原因と改善方法が分かる
共感できるようになる
この3つが分かるようになります。
この記事では、対人関係が上手く行くようになる5つの秘訣を解説しています。

 

合わせてこの記事をみて、あなたの職場でのコミュニケーションスキルをアップさせて下さい。

 

では最後に褒める部分のパートの解説に入ります。

褒める事で信頼関係がアップする

 

肯定文で伝えた後に1つ褒める事を付け加えてあげて下さい。

 

例えば資料がうまくできたら、『資料のできすごくいいよ!』とこんな風うに褒めるのは、やめて下さい。

 

結果は褒めない様にして、過程や工程を褒めるのがベストです。

 

 

例えば資料の出来が良かった場合、『色々調べて話し合いした事が結果に繋がったね!すごくいいよ!』と”調べた+話し合い”を褒める様にして下さい。

 

 

相手の中では、もっといい結果を出す為に、下調べをしっかりして、内容の濃い話し合いをしよう!と言う自主性が芽生えるからです。

 

 

例えば悪気がなくこんな風に言ったとします。

 

ウートラマン
ウートラマン

この前の方が
出来が良かったよ!

 

この伝え方だと、今回はダメと言う意図が伝わってしまい、何のどんな事が悪かったのかが、ウヤムヤになってしまい双方とも良くはならないからです。

 

 

・この資料じゃダメだよ(否定)

PDFで20枚のカラーで作って!

聞いてくれれ有難う
今回の例ならこんな風に伝える事で、相手はすんなり受け止めて行動を変えて行ける様になります。

 

私自身、中国の上海でスタッフたちにサービスという概念や、やり方を伝えることを仕事にしていました。

 

自己主張も強く、否定すればすぐに辞めてしまう事に頭を悩ませました。

 

そこで中国人経営者から、沢山の学びや経験をさせてい頂き叱る方法を変えて行ったら、スタッフに協調性が生まれ自主的に報連相を行う様に育っていきました。

 

どんなに給料を上げても、半年で辞めると言われる中国社会の中で、5年一緒に働いてくれるスタッフも1人や2人ではありません。

 

その経験を今回は、お伝えしています。

 

 

褒め方までセットでできる様になれば、”叱らない叱り方”をマスターできたと言えます。

 

 

私自身〇〇しちゃダメじゃないか!と言われて凄く落ち込んだ事は1度や2度ではありませんが、相手に対してどうしても言いたい時ってありますよね?

 

 

そこで、相手をやる気にさせるダメ出しの方法を公開させて頂きます。

 

社員に対しての叱り方のコツ!ダメ出しの方法とは?

 

どうしても意識していないと、否定的な言葉が浮かんできてしまうのが、人間です。

 

そこで否定的なワードを言い換える様にするだけで、嫌味なく相手にダメ出しをする事ができます。

 

相手はダメ出しされても、あなたに不信感を持つ事はありません。

 

ウートラマン
ウートラマン

逆に
信頼してくれるよ!

 

ダメ出しをパワーワードで伝える

 

・ダメ!→勿体無い
・変えろ!→試してみたら
・早くしろ!→今お願い
・無理だよ!→荷が重いかも
・何その態度!→興味ないの?

 

実際に私が良く使うパワーワードを書きました。

 

ウートラマン
ウートラマン

本当にこの人
ムカツク!

 

 

そんな風に思った時には、『〜してみたら?勿体無いよ!』と言って上げます。

 

相手は”しっかり自分の事を考えてくれるいいひとだ!”と思ってくれてアドバイスなどを求めてくる場合があります。

 

この様な関係性がしっかりできたら、自分の経験や考え方を部下や社員に伝えて下さい。

 

ウートラマン
ウートラマン

ここで
褒める事も

忘れないでね!

 

こんな風にパワーワードを使っていく事で、嫌味を言っても信頼を損なう事なく、人間関係が成立します。

 

では最後にまとめに入ります。

 

社員に対しての叱り方のコツのまとめ

 

今回この記事では、社員に対しての叱り方のコツ!叱らない叱り方でやる気をアップさせる方法を具体的に解説しました。

 

基本、叱らない方が日々気持ちよく過ごす事ができます。

 

①問題認識

②伝え方

③褒め方

 

この流れを1セットで行う事で、叱らない叱り方ができます。

 

ぜひ意識して行なって下さい。

 

今回ここまで目を通して頂いたあなたに、仕事や家庭で即使える人間関係を簡単にコントロールできる禁断メソッドの書籍(e-book)をプレゼントいたします。

 

メールアドレスを記入するだけで貰えますので、ぜひ活用して下さい。

 

無料で購読される方は画像をクリックして下さい!

 

コメント